投資信託のメンテナンス

投資信託のメンテナンス
投資信託を購入した直後は、何かをすべきでしょうか?.
どちらかと言えば、何もしない方が良いでしょう。
投資信託は長期目的の資産なので、短期的な値上がりや値下がりで一喜一憂するものではありません。
短期的な売買によって利益を得たいのであれば、直接的に株式を購入するかFX投資を行なった方が良いでしょう。リーマンショックのような急激な変動でもない限り、短期的には投資信託をそのままにし
ておくことが理想です。ただし、数ヶ月もしくは半年に一回程度のチェックは必要です。マイカーと同じように投資信託にも
定期的なメンテナンスが必要なのです。
そのうえで、基本的なメンテナンス手法として、リバランスやリァロヶーションは、
きちんと行なっておきたいものです。
他にも、日本の経済成長率や国債の利回りといった基本的な情報は確認しておきましょう。ギリシャ
のように国家財政が破たんするという事態も、絶対にないとは言えません。日本のGDP(国内総生産)
に対する国債発行残高の割合は、ギリシャを優に上回っているという実態もあります。
場合によっては、外貨建ての資産によって資金を確保しておくことも一考の価値があるでしょう。

6月 4th, 2015 未分類 Comments Off

投信を購入するには

なぜ投資をするのか?
どのようなリターンを狙っていくのか?
どのような資産配分が良いと思うのか?
これらを信頼できる人に話してみましょう。奥さんでも両親でも子どもでも、信頼できるようであれば金融機関の営業マンでも良いです。
話すという行動によって、自分の考えの過不足を改めて確認することができるはずです。また、他者からの意見を訊くことで、客観的に自分の投資を見つめ直すことができます。
投資の場合、一人だけで考えてしまうと猪突猛進的になってしまう傾向があるので、冷静に考え直せる場面をつくっておきましょう。

③投資信託を購入する
資産配分が決まったら、その資産配分に合わせていよいよ投資信託の選択・購入です。
投資信託の選択においては、それぞれの商品ごとに特徴が異なるので、ベンチマークや運用手法をチェックしておきましょう。
なお、細々と商品ごとの違いをチェックすることが面倒な人は、とりあえずパッシブ型(インデックス型とも表記されます)の投資信託を購入しておくと良いでしょう。パッシブ型であれば、想定外の運用を行なわれてしまう心配が少なくなります。加えて信託報酬が低いといったメリットもあります。対して、運用会社等の運用能力に期待できそうな場合は、アクティブ型の投資信託を活用してみても良いでしょう。ここで気をつけるポイントは、欲しいものの値段が予定額をオーバーする可能性がある点です。
投資信託を金融機関の窓口で購入する場合は、担当者によって種々の確認が行なわれるため、予定額をオーバーする心配が少なくなりますが、インターネットによって自分で購入数量を入力する場合は、十分に気をつけましょう。
証券会社のプロでさえ、株式の購入量を間違えて大損失を被るケースがあるほどです。くだらないように感じるかもしれませんが、0の数を何度か数え直し、桁数のミスに注意しましょう。

6月 1st, 2015 未分類 Comments Off

米国株の注文方法

成行や指値、逆指値など、日本の株式取引にさまざまな注文方法があるように、米国の株式市場にもさまざまな注文方法があります。
といっても米国の株式市場も日本の株式市場も、注文方法などは基本的に同じです。違うとしたら、成行にしても指値にしても英語で表示されていることくらいでしょう。もつとも、最初の取引では迷うこともあるので、簡単に説明しておきます。

〈マーケットオーダー〉成行注文のことです。発注ボタンを押せば、そのときに表示されている株価に近いところで売り買いができます。

〈リミットオーダー〉指値注文のことです。価格を指定して注文を発注します。相場によっては指定した価格で約定せず、注文が失効されることもあるので注意が必要です。

〈ストップオーダー〉逆指値注文のことです。現在の株価よりも安いところで売り注文を出したり、高い株価で買い注文を出したりするのが逆指値注文です。要するに損失を限定させたり、マーケッ
トの勢いに乗じて売買をするときなどに使う指値注文といってもよいでしょう。
たとえば、現在の株価が皿ドルのとき、保有している株に9ドルで売りの逆指値を入れておけば、株価が9ドルまで下落したときには、損失限定のための売り指値注文が執行されます

ちなみにストップオーダーには、指値注文を出す「ストップリミットオーダー」に加え、その値段になったときに成行で注文を出す「ストップマーケットオーダー」があります。
後者の場合、その株価になったときに成行での注文が出されることになるため、マーケットが大きく動いている場合などは、想定外の株価で約定されてしまうケースもありますので注意が必要です。逆に、ストップリミットオーダーは約定しないケースもあるので、確実にポジションを解消したいときには不向きです。どちらを使うかは、相場の状況などに応じて考えたいところです。

5月 28th, 2015 未分類 Comments Off

投資信託を買ってみよう

実際に投資信託をスタートして運用を管理するまでの流れを確認してみましょう。まず、口座を開設しなければ投資信託を購入することができません。このとき、しつこい勧誘を心配されるかもしれませんが、実際には、断っても断っても金融機関の営業マンが繰り返しやってくるということはほとんどありません。
また、勧誘を避けたいのであれば、インターネット専業の金融機関で口座を開設すると良いでしょう。
せいぜい商品案内のメールが送られてくる程度なので、迷惑メールフォルダに転送するように設定しておけば、大して気にならないはずです。
ちなみに、口座開設時にはポイントを加算してくれるサービスもあります。また、最近ではNISA口座の開設によって現金プレゼントを行なう金融機関もたくさんあるので、お得なサービスを狙って開設するのも良いでしょう。

②運用資金を決めて口座に入金する

口座を開設したら、その口座内に資金を入れます。
銀行で投資信託を購入する場合、普通預金口座にお金が残っていれば、振り替える形で投資信託を購入することができます。
対して、証券会社の口座に入金する場合は、「MRF」を購入する形をとります。MRFはマネー・リザーブ・ファンドの略称で、公社債投資信託の一種です。
公社債投資信託とは、国債や社債を中心に運用し、株式に一切投資することができない投資信託のことです。
なかでもMRFは、いつでも信託財産留保額なしで解約でき、元本割れしないように短期の金融資産で運用されているため、普通預金に預けているような感覚になります。ただし、もちろん元本保証ではありません。
なお、MRFの利回りは普通預金よりも高く推移しているケースが多く、クレジットカード等の引き落としにも活用できる証券会社もあります。そのため、銀行にお金を預けているのと同じ感覚でMRFを利用している人も多くなっています。ここまできたら、いつでも投資できる体制が整うことになります。
しかし、焦って投資信託を購入するのではなく、じっくりと投資の目的等を検討し、自分に合った資産配分を見つけましょう。
一般的には、景気が良いときには株式のように大きなリターンが期待できるものを多めに、逆に景気が悪いときには債券のような安定的な資産を多めに投資するのが良いと言われています。
しかし、私たち日本人の多くは、投資のタイミングを掴むのが不得意な傾向があります。
実際、投資のプロである機関投資家さえも、株式投資の割合を増やしたときに限ってリーマンショックがやってきたり、債券の割合を増やした後にアベノミクスで株価が高騰した、というようなことが多々
よって投資では、市場環境よりも自分自身の状況を優先的に考慮した方が、余計な情報や欲に惑わされることが少なくなり、結果としてリスクを抑えることができるようになるのです。ちなみに、資産配分を検討する際にぜひ行ないたいことが、「話す」ということです。

5月 26th, 2015 未分類 Comments Off

人気米国株ETFの特徴

〈世界株式〉
北・中南米、ョ-ロッパ、アフリカ、アジアと、世界のさまざまな国の株式市場に投資するETFです。米国や日本など先進国の代表的な株価インデックスに連動するものから、トルコ、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、タイ、ブラジル、インドネシア、ロシアといった新興国の株価インデックスに連動するタイプまで揃っています。

北・中南米、ョ-ロッパ、アフリカ、アジアと、世界のさまざまな国の株式市場に投資するETFです。米国や日本など先進国の代表的な株価インデックスに連動するものから、
トルコ、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、タイ、ブラジル、インドネシア、ロシアといった新興国の株価インデックスに連動するタイプまで揃っています。

〈世界地域〉全世界に投資するタイプから、ョ-ロッパ・南米・新興国に投資するタイプ、アジア
太平洋地域に投資するタイプなど、地域別に投資するETFです。

<商品>
代表的なものとしては、SPDRゴールドシェァーズのように、金価格に連動するETFがあります。とくに金は、インフレリスクをヘッジしたり、あるいは地域紛争など国際
情勢が不安定化したりしたときなどに買われる傾向があります。
また、金だけでなく銀やプラチナなど他の貴金属や、原油、灯油、ガソリン、天然ガスなどのエネルギー、トウモロコシや大豆、小麦などの農作物など、さまざまな種類の商品
価格全体に連動するETFがあります。
従来、商品への投資は先物取引などを用いるのが一般的でしたが、先物取引はレバレッジが高いというリスクがあります。この点、ETFは現物株式と同じように、レバレッジ
がかからない状態での取引が可能になるため、投資リスクを相対的に低くすることができる。

<債券>日本のETF市場には、債券価格に連動するタイプのETFは、非常に少ないのが現状ですが、米国ETF市場には、さまざまな種類の債券に投資できるETFが上場されてい
ます。たとえば、エマージング・マーケット債券、米国物価連動国債、投資適格社債、ハイイールド債、期間別の国債などが代表的なところです。ETFで、リスクをコントロールしながらポートフォリオを構築する場合などは、債券に連動するETFを一定割合組み入れる必要がありますので、とくに資産クラス分散投資を行う場合などは、有効な選択肢になります。

<不動産>不動産企業の株式、あるいは不動産投資信託(REIT)などに分散投資するETFです。米国の不動産だけでなく、世界中の不動産に分散投資するタイプなどもあります。

〈セクター〉
業種別の株式に投資するETFです。金融、アグリビジネス、クリーンエネルギー、医薬品、素材、エネルギー、資本財、テクノロジー、生活必需品、公共事業、ヘルスケア、
鉱業など多岐にわたっています。S&P500など、株式市場全体に投資するETFをコアとして、その時々のマーケット状況に合わせて特定のセクターへの投資比率を高めたい場合などに活用します。

5月 3rd, 2015 未分類 Comments Off
ad ad ad

Flickr Images

flickrRSS probably needs to be setup

View All Photos

Enter Search KeyWord:     

カテゴリー

Please use wordpress Widgets.